カテゴリー別アーカイブ: 旅行

イタリア満喫旅2016 vol.1

アリタリア航空直行便で成田からミラノへ 約12時間の移動 帰りはローマから成田へ

スクリーンショット 2016-08-09 14.18.52
今回のルート

一泊目はミラノ空港近くのホテル 移動はすべてバス

IMG_2520
ミラノ ドゥオーモ広場
IMG_2522
ドゥオーモ広場 ガレリア入り口
DSC_0022
色々高級ブランドが並んでいる
DSC_0023
モデルさんが撮影していた。美人です。
DSC_0024
ガレリア内交差点にある牡牛のモザイク。かかとで立って一回転出来ると。願いが叶うという言い伝えがあるらしい。
IMG_2526
ドゥオーモ広場全景

 

DSC_0029
ミラノ大聖堂

1336年から500年の歳月をかけて建てられた。ゴシック建築の傑作。世界で2番めに大きい大聖堂

DSC_0039
協会内部のステンドグラス

IMG_2527

DSC_0019
ミラノ スカラ座
DSC_0010
スフォルツァ城

 

サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ協会にはダ・ヴィンチの名作「最後の晩餐」があるのだがツアーには含まれて無く、残念!

バスでヴェローヌへ移動。ミラの滞在時間短過ぎ、印象弱いわ〜

DSC_0058
ダンテ像 ここが生まれ故郷らしい
DSC_0068
シェークスピア作品「ロミオとジュリエット」の舞台となった地ジュリエット宅にあるジュリエット像。おっぱいに触ると幸せになれると、皆んなが触るからピカピカ。
DSC_0074
こちらのコロシアムはローマのものより古いらいしいです。

ここからベネチアに移動します。島の方じゃなくメストレへ ここで一泊、翌朝午前観光後、フィレンツェに移動

DSC_0090

DSC_0100
ドゥカーレ宮殿 職員ストで入れず
IMG_2550
サンマルコ広場
IMG_2547
サンマルコ大聖堂
IMG_2555
映画 ダヴィンチコード、007にも登場したカフェ

 

DSC_0098
溜息の橋 ドゥカーレ宮殿と牢獄を繋ぐ橋
DSC_0138
ゴンドラに乗ってゆっくり運河巡り
DSC_0111
ヴェチアングラス工房見学
IMG_2551
赤と青のペアグラスを購入
DSC_0146
リアルト橋 近くに魚市場がありシーフード料理が美味しい店が集まってます

昼食後4時間かけてフィレンツェに もっとここに居たかったのに!

午前早起きしてピサへ

DSC_0159
ピサの斜塔
IMG_2566
ミケランジェロ広場からフィレンツェの全景を臨む

DSC_0152

 

フィレンツェのドゥオーモ 城、緑、ピンクの天然大理石で飾られている。金色の門は天国の門と呼ばれミケランジェロも絶賛したそうです。

 

 

 

 

 

アンダルシアを満喫スペイン旅行

旅行日程

7月26日(日)

羽田空港 国際線ターミナル

IMG_1698 IMG_1700  IMG_1701

8:50発BA008便 ブリティッシュ・エアウェイズにて

13:15着 ロンドン ヒースロー空港

16:30発 BA0464 ロンドン ヒースロー空港

IMG_1707IMG_1708

スペイン時間の洗礼を受ける。 ボーディング時間が近付いた時点で遅延情報がアナウンスされる。

ヒースロー空港は、免税店が充実しているので見ているだけで暇つぶしになることはなる。特に女性には。

手荷物検査が非常に厳しい

22:00位着? スペイン マドリッド バラハス空港

IMG_1702  IMG_1709

ロンドンとマドリッドを地図上で確認するとマドリッドの方が明らかに西にあるのだが、スペインはEUに属しているためEU全体が1つの時間帯を採用している。つまりパリ、ベルリンとロンドンは1時間の時差があり、ロンドンより西にあるマドリッドも一時間の時差がある。感覚的には実際時間感覚から時計の針が2時間進んでいる感じである。

マドリッド2泊 VINCCI CAPITOL ヴィンチカピトル ホテル

スペイン旅行
7月27日(月)午前  市内観光

スペイン広場

IMG_1710 R0013200

セルバンテスを記念して作られた広場

IMG_1716IMG_1714

ドン・キホーテとサンチョ・パンサの像 しっぽを触ると幸福になれると言われている。

スペイン王宮

IMG_1719R0013203 IMG_1721

スペイン王宮、今日は、誰か偉い人が来るみたい。儀仗兵が迎えの準備してます。

プラド美術館

この像はゴヤです

IMG_1722 IMG_1723 IMG_1724 IMG_1725 IMG_1726 美術館内でとって良い作品はこれだけです

IMG_1727

サン・ヘロニモ・エルレアル教会(San Jeronimo el Real天正遣欧少年使節がスペイン国王に歓待を受けた場所なんだそうです

昼食

IMG_1728 IMG_1729

普通に美味しかったシーフードパエリア

午後自由行動

IMG_1730 IMG_1731

グランビア通り この通りを下って行くとロエベ本店がある。

IMG_1733 IMG_1734 IMG_1735

マイヨール広場 BARでイベリコ豚の生ハム

IMG_1738 IMG_1739

夜9時の風景

7月28日(火) 

バスで移動 1時間30分

IMG_1740IMG_1741

古都トレドを車窓から

コンスエグラ ラ・マンチャ地方

ドン・キホーテがドラゴンだと思い戦いを挑んだ風車群。IMG_1748 R0013208 IMG_1751 IMG_1742

IMG_1757 IMG_1756 IMG_1758

この地方は、雨が少ないのでこのようなカメで雨水を溜めて農業用水にするそうです。畑にポツポツと置いてありました。

そして、この地方はクーラーを使わない生活スタイルがあるそうです。玄関にカーテンをし、玄関を開けっ放しにし風邪を通す生活をしています。

バスで移動 3時間30分

IMG_1761 IMG_1762 IMG_1765

辺り一面オリーブ畑なんですが、写真では感じが出ません

コルドバ市内観光

メスキータ イスラム教とキリスト教が共存してしまった

IMG_1770 R0013209 IMG_1782 IMG_1783 IMG_1775 R0013224 IMG_1791

IMG_1793 IMG_1797 IMG_1798 R0013232

摂氏46度を体感 水を持ち歩き熱中症対策は是非必要

IMG_1812 IMG_1800

ユダヤ人街 花の小道

IMG_1804 IMG_1801 IMG_1803 IMG_1805 IMG_1806

お土産屋さんがいっぱいあります。

バスで移動 2時間

セビリア

フラメンコ鑑賞 クリームシチュー有田そっくりのフラメンコ・ダンサー 隣は闘牛場

IMG_1814 IMG_1822 IMG_1825 R0013235

セビリア1泊

7月29日(水)

セビリア市内観光

スペイン広場 博覧会会場として作られたらしい

R0013236 IMG_1832 IMG_1835

カテドラル 大聖堂 ヒラルダの塔 世界最大の聖堂を建てる目的で造られた

IMG_1864 R0013241  IMG_1858  IMG_1860 IMG_1861 IMG_1863

コロンブスの墓

IMG_1856IMG_1859

ヒラルダの塔からセビリアの町を一望する

IMG_1847 R0013243 R0013244 R0013257

上水道跡と黄金の塔

R0013260R0013237

バスで移動 3時間 見渡す限りオリーブ畑

IMG_1870 IMG_1871 IMG_1872 IMG_1873

グラダナ着

夕食時地元大学生が学費稼ぎのCD販売に来ました。

IMG_1874

BARで グラナダのBARではワインやビール等の飲み物を頼むと1杯につきタパス1品が無料でついてくる。2杯目は1杯目とは違うタパスを出してくれる。今回の旅行で最高のBARでした。

IMG_1876IMG_1877IMG_1878

グラダナ泊

7月30日(木)

レコンキスタ(スペイン語:Reconquista)は、718年から1492年までに行われた、キリスト教国によるイベリア半島の再征服活動の総称である。 ウマイヤ朝による西ゴート王国の征服とそれに続くアストゥリアス王国の建国から始まり、1492年のグラナダ陥落によるナスル朝滅亡で終わる。

アルハンブラ宮殿

R0013265 R0013270 R0013274 R0013275IMG_1896 R0013276 R0013280 R0013281 IMG_1882 R0013261

ヘネラリーフェ庭園

R0013283R0013288 R0013289 R0013291

バスで移動 2時間 今朝、昨日乗っていたバスが壊れたということで地元グラダナのサッカーチームが移動に使用しているバスになりました。

IMG_1910

ミハス

IMG_1916 R0013295 IMG_1919 IMG_1922

ジブラルタル海峡 肉眼ではうっすらとアフリカ大陸が見えるんですが。

IMG_1911

IMG_1914

バスで移動 30分

マラガ

マラガ発18:55が20:30くらいに

バルセロナ着20:25が22:00くらいに

やっぱりスペイン時間だった BAR巡りが無しに

バルセロナ2泊

7月31日(金)

バルセロナ市内観光

グエル公園

R0013301 R0013302 R0013303 R0013304 R0013305 R0013306 R0013307 R0013310 R0013311 R0013312 R0013313 R0013299

サグラダ・ファミリア

R0013318 R0013319 R0013317 IMG_1939 IMG_1940 IMG_1956 IMG_1948 IMG_1950 R0013331 R0013330 R0013332 IMG_1957 R0013345 R0013336 R0013337

自由行動

カサ・ミラ

IMG_1960IMG_1959

ロエベ

IMG_1969

BAR巡り 色々回りましたが、ガイドブックと開店時間が異なり店閉まってたり、現地ガイドに聞いた店が閉店していたりと、なかなか思い通りになりませんでした。最後に力を振り絞って行ったバスク料理のBARイラティで満足出来ました。

IMG_1961 IMG_1962 IMG_1964 IMG_1965 IMG_1966 IMG_1967

カバ CAVA バルセロナ産スパークリングワイン

スペインワイン事情

ブドウの栽培面積は世界一位、生産はフランス、イタリアについで第3位

赤白の生産割合は、8:2で圧倒的に赤が多い

カタルーニャ州独立問題とカバ

スペインのスパークリングワインCava(カヴァ)のクリスマスシーズン売り上げは、年間総計の約40%を占めるといわれます。世界的にも知名度の高いカタルーニャ地方のCavaですが、2012年高まる分離独立運動と、事実上その是非を問うことになるといわれる地方議会選挙を前に、スペイン国内でカタルーニャ産のCavaのボイコットがあるのでは、とカタルーニャのCava製造業者たちは懸念したそうですが、スペイン人はcavaが飲めなくなる方を心配したそうです。添乗員談。

8月1日(土)

帰ります

バルセロナ空港

07:10発 BA0477

08:35着 ロンドン ヒースロー空港

11:40発 BA0007 約12時間

8月2日(日)

07:20着 羽田空港

ああ、楽しかった!

オーストラリアで夏休みを満喫  ケアンズ july 24-27

エアーズロックリゾートからケアンズに戻りました。当地ケアンズは熱帯地方に位置づけられています。見た感じも温度も熱帯地方とは感じられません。今は冬なので乾季に当たるため雨も少なめで1日中振り続けることはありませんでした。ケアンズ国際空港は世界一暇な国際空港と言う呼称を貰っております。宿泊はダウンタウンから少し離れたMercureホテル、豪華ではありませんが綺麗な良いホテルです。
WiFiは有料です。ロビーにPCが2台ありインターネット接続されており誰でも使えるようになってます。

一日目は、ケアンズ沖にあるグリーン島でゆったり何をするわけでもなく過ごすことにしました。当然FreeWiFiはありません。

アクティビティはグレートバリア・リーフのサンゴ礁を底がガラス張りのボートで鑑賞しました。

緑色のガラスが張ってあるので絵全体が緑色に見えます。この点は残念!

浅瀬には小魚が一杯います。写真は海鳥が水中ダイビングして魚を捕獲した瞬間です。

 夜はシーフードレストラン raw prawn(http://www.rawprawnrestaurant.com.au/menus.html)へ出かけました。このレストランは人気が高いので予約したほうが良さそうです。写真はロブスター半身、マッドクラブ半身(日本で言えばマングローブに住んでいるガザミ、瀬戸内海で言えばワタリガニ)、生牡蠣、生ホタテ、ムール貝、蒸しエビ等の盛り合わせプレート。170ドルですが十分2人分の量はあります。実際ロブスター、マッドクラブは時価の量り売りなので、1杯約100ドルから150ドル以上します。それを思えばこのプレートはお得感があります。日本の感覚からすれば高いと感じますが。そもそもオーストラリアは食べ物が高いですね。スパークリングワインをボトルでいただきましたが、ワイン系は日本より割安感を感じます。大体ボトルで20ドル後半から30ドルがエントリーです。その後ナイト・マーケットをぶらぶら。ケアンズは治安は良く、夜歩いていても危険を感じることはありません。

世界自然遺産のキュランダの熱帯雨林ツアーに出かけました。行きは世界一長いと言われているスカイレール(http://www.skyrail.com.au/ja)でキュランダ村へ。スカイレールは熱帯雨林の上を通過していきます。

キュランダ村はキュランダコーヒーとしても有名です。オーストラリア産コーヒーなんて珍しいですよね。このお店Kuranda Rainforest Coffeehttp://ameblo.jp/dokidokitours/entry-11573697285.html)でコーヒー豆を購入

水陸両用自動車で熱帯雨林の中をツアー出来ます。この車本当におんぼろで、第二次世界大戦ノルマンディー上陸作戦に使われた車両だと言ってましたが間違いなさそうです。これでもかというくらいの厚い鉄板が溶接されて車体が作られてます。ツアー中、熱帯植物の解説があるので植物に興味がある方には良いかと思います。ここにはFreeWiFi有りました。

小さな動物園が有りコアラがいます。有料ですがコアラをだっこして記念撮影もできます。
帰りはキュランダ高原列車にてフレッシュウオーター駅まで1時間30分の旅です。時速20キロくらいのゆっくりしたスピードで走り絶景ポイントでは止まったりします。「世界の車窓から」のオープニング映像がここキュランダ高原列車でした。
キュランダ駅
バロンフォールズ ここは駅があって列車は止まってくれます。10分程度止まってくれます。汽笛が1回鳴ったら列車に戻りましょう、もう一回鳴ると列車は動き出します。

線路が馬蹄型で曲がっている地点、先頭車両、最後尾車両まで見えます。これじゃスピード出せんわ。

フレッシュウオーター駅
その夜は、プライムリブが旨いと言われている

Hog’s Breath Cafe http://www.hogsbreath.com.au/

 プライムリブステーキが20ドル前半からです。日本語のメニューが有るのも嬉しいです。お肉のカットにライトカットが用意されているのも良いですね。

街自体が大きくないのでホテルへ帰るのにタクシー使っても10ドル前後で済みます。ホテル自体がダウンタウン↔ホテルの送迎、JTBが夕方各ホテルとダウンタウンの巡回バスを出しているのでタクシー代節約も出来ます。

さようならケアンズ

次の日の日曜日の午後8時過ぎに無事成田着となりました。1週間のオーストラリア旅行でした。随分変わったなと思ったのは、何処行っても日本語で大丈夫なことです。レストラン、ショップはもちろん、ツアー案内、アクティビティ等何処にでも日本人スタッフがいます。英語プレッシャー無しに過ごせるのはいいですね。

オーストラリアで夏休みを満喫 ウルル july 21-24

先週7月21日から7月27日の間、夏休みをオーストラリアで過ごした。
といっても観光旅行であるが。まずケアンズ経由でエアーズロックリゾートに、午後9時に成田発午前5時にケアンズ着、国内線乗り換えで約3時間の飛行で午前10時位にエアーズロックリゾートに到着。当地には道路に信号機がありません。Free WiFiは唯一AATKingsのツアーバスの中で使えます。ホテルのWiFIは有料です。1時間5ドルから。トラフィックはお世辞にも早いとは言えません。通信はすべてサテライト経由だそうです。

空港からリゾートまで車で約8分。エアーズロックリゾートには3つのホテルとショッピングセンター、キャンプ地のあるリゾートです。完全な陸の孤島のイメージです。ここで働く従業員はホテル、観光ツアーの従業員合わせて1000名程度のことです。観光客と従業員の比率はと考えると、こんな事も有るのでしょう物価は相当高いですね。我々はアウトバックパイオニアホテルに滞在。オーストラリアの気候は、日本と逆で今は冬です。しかしながら内陸性気候のため日中は22度から25度、さすがに夜、朝方は2度まで下がります。AyersRockはもともと人の名前らしい。ここに探検に来た探検家のスポンサーの名前がAyersさんらしい。先住民アナング(anangu)の言葉ではウルル(uluru)と言う。アナングにとっては聖なる山です。まずはウルルのサンセットビューイング、スパークリングワインを飲みながらです。
グラスの中に逆さウルルが見えるのがお分かりいただけたでしょうか。生憎、夕陽に染まったウルルは見られませんでした。残念!この夜は雨が随分降りました。

ウルル全体像

サンライズビューイング

ウルル登山道口
ウルル登山は厳しい条件がつきます。水は1L以上を携行しなければなりません。
登山口看板には以下の事が書いてあります。
・エアーズロック(ウルル)の登山は危険です。
・エアーズロック(ウルル)では命を落とした人が何人もいます。
・安全確保のために、この道は日没30分後から日の出30分前までの夜間は通行止めとなります。
また以下の理由で臨時に通行止めになることもあります。
・3時間以内に雨、または嵐が予想される時。
・標高2500フィートでの最高風速が25ノットある時。
・雲が頂上より下に下りて来ている時。
・救助作業が行われている時。
・天気予報で気温が36度以上の時。
・伝統的所有者から文化的な理由による要請があった時。
ウルルは頂上まで登ることができますが、アナングが聖なる山と崇めているものに対して、私は登山してはならないという気持ちがありますので、敢えて登りませんでした。
ウルルの北の方にカタジュタと言う山が有ります。ウルルは砂岩の山ですが、カタジュタは礫岩の山です。この山は山中を歩いても良く、風の谷を歩いてきました。ウルルと較べてダイナミックさを感じさせる山でした。
カタジュタ全景
今まで見た空で一番蒼い空でした

風の谷 風が吹き抜けてゆきます。

第二展望台からの眺め
この夜天の川観測ツアーに参加しました。周りに何の灯りのない所まで上ります。本当に天の川、星座がはっきり、くっきりと見えるのは、都会に住んでいて空を見上げて星を見るなんての生活をしたことがない者にとって、感動さえ覚えます。残念ながら写真は撮れません。南十字星を生まれて始めて見られたのは感動です。このツアーに参加するときは防寒をしっかりして臨みましょう。底冷えを感じますから。
お酒について、ノーザンテリトリーは飲酒に関して厳格です。これはバーにある注意書きです。旅行者はホテルをチェックアウトしたらホテル付属施設では飲めなくなります。チェックアウト後の時間調整で一杯はできなくなります。
注意事項 シートベルトは必ずしましょう。違反すると300ドルの罰金を取られます。これはバス、タクシーにも適用されますから、日本の感覚でいると痛い目を見ます。ドライバーも積極的にシートベルトをしなさいとは言いません。自己責任が原則の国ならではです。アルコールについて、オーストラリアはとても厳格です。オーストラリアの飛行機では、持ち込みをしたアルコールは封を開けてはなりません。開けると、即没収されます。ケアンズ行きの飛行機の中で持ち込んだワインを開けた人が即没収されました。バスの中は飲食禁止です。例外は水だけです。バスの中で朝食をと考えてる方は要注意です。もちろんジュース、コーヒーもこぼれた場合シートを汚してしまうのでNGです。ここの所は日本の感覚と違うところなので注意が必要です。
次回はケアンズ、グリーン島、キュランダ高原のくだりです。

スイスフラン建てトラベラーズチェックを換金するには

家人が整理していたら、結婚前に購入したスイスフラントラベラーズチェックが出てきた。チェックには片方に署名がしてあり、実際に使用する際もう片方に署名して使う様になっている。家人はこれを私に換金してこいというのだが。少しググってみると、本人が両替機関に出向いて片方に署名すれば良いと書いてある。では家人に署名してもらい、私が両替商に持っていって良いのだろうか?
わからないことが多いので、まず邦銀に電話してみた。
TCはトーマス・クック発行でしたが邦銀は対象外と言う事で換金NG。そもそもTC発行サービスを終了している。そこで”トーマス・クック”で検索すると今はトラベレックスという会社になっている。早速、電話して見るとどの店舗でも換金対応しますとのこと。ただし、本人で有ることが必要ですとの事。土日も営業しているようなので家人に行ってもらいましょう。

http://www.travelex.co.jp/JP/Home-jajp/

海外旅行用に変換アダプタを購入

海外旅行用に変換アダプタを購入
今回はOタイプだけで良いのだが、今後の事も考慮しての購入。
ちなみに、変換アダプタはプラグ形状の変換だけで電圧の変換は行ってくれないので、PC,タブレット、スマホ、デジカメ充電使用では注意が必要。iPhone,iPad用電源アダプタは240Vまで対応しているので、変換プラグだけでOK。

ヤザワ 海外旅行用変換プラグ 世界主要国対応 定格入力250V-6A(A・B・C・O)、250V-13A(BF) 変換プラグA・B・BF・C・Oタイプセット HPS5

 

http://www.amazon.co.jp/%E3%83%A4%E3%82%B6%E3%83%AF-%E6%B5%B7%E5%A4%96%E6%97%85%E8%A1%8C%E7%94%A8%E5%A4%89%E6%8F%9B%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%B0-%E5%AE%9A%E6%A0%BC%E5%85%A5%E5%8A%9B250V-6A%EF%BC%88A%E3%83%BBB%E3%83%BBC%E3%83%BBO%EF%BC%89%E3%80%81250V-13A%EF%BC%88BF%EF%BC%89-%E5%A4%89%E6%8F%9B%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%B0A%E3%83%BBB%E3%83%BBBF%E3%83%BBC%E3%83%BBO%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%97%E3%82%BB%E3%83%83%E3%83%88-HPS5/dp/B000WMIPKS/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1404368252&sr=8-1&keywords=%E5%A4%89%E6%8F%9B%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%B0+%E6%B5%B7%E5%A4%96