カテゴリー別アーカイブ: モバイル

【重要】スマートフォン版LINEのセキュリティ強化のため、「PINコード」による本人確認手順を追加します(7/17開始)

【重要】スマートフォン版LINEのセキュリティ強化のため、「PINコード」による本人確認手順を追加します(7/17開始)

最近増加しているLINEへの不正ログイン(乗っ取り)対策強化の1つとして、スマートフォン版LINEアプリのセキュリティを強化いたします。

7月17日(木)15:00(予定)より、LINEのアプリでログインをする際には、今までの認証手順に加えて、新たに「PINコード」という4桁の暗証番号が必要になります。

自分のLINEアカウントを守ろう!

「PINコード」とは、アカウントにログインしようとしている人が本人かどうかを確認するための暗証番号です。

今までは、メールアドレスとパスワードの組み合わせで本人確認をしていましたが、さらにもう1つ「PINコード」を設定することで、見知らぬ他人からの不正ログインを受けづらくなります。

ここ最近多発している、LINEアカウントの乗っ取り被害では、自分だけでなくLINEの友だちにも被害が広まります。被害を未然に防ぐためにも、「PINコード」を設定することを強く推奨します。

※2014年7月17日(木)15:00よりPINコード設定・入力機能を公開予定です。(時間は変更になる場合があります)

PINコードの利用方法


この「PINコード」は、電話番号の違う別のスマートフォンからLINEユーザーログインをするときに必要です。
そのため、機種変更で電話番号も変わる場合は、事前に設定が必要となります。
※機種変更をしても電話番号が以前と同じ場合は入力が不要です。
PINコードの設定方法 ※2014年7月17日(木)以降設定可能


(1)スマートフォン版LINEアプリの「その他」>「設定」>「アカウント」>「PINコード」をタップ
PINコードの設定方法
 
(2)4桁の数字を2回入力し、「OK」をタップする
※4桁の数字は、「1111」や「1234」などの簡単な文字列や、自分の誕生日など誰でもすぐ想像できるものは、やめましょう。
 PINコードの設定方法 
以上で設定は完了です。

見知らぬ人がスマートフォンでログインしようとした場合には、「LINEユーザーログイン」での認証途中に「PINコード」を入力する画面が表示されます。

そのため、たとえ、不正ログインの犯人がメールアドレスとパスワードの組み合わせによる認証ステップを通過しても、今回新たに登場した「PINコード」を知らなければアカウントにログインする(乗っ取る)ことはできません。

PINコードの設定方法
※4桁の数字は、「1111」や「1234」など簡単な文字列や、自分の誕生日など他人が想像しやすい内容を避けましょう
※事前にPINコードを設定せずに、違う電話番号の端末に機種変更した場合、旧端末の電話番号の下4桁がPINコードの代わりになります。
LINEでは、皆様に安心してLINEをご利用いただけるよう、引き続きセキュリティの強化を続けてまいります。
▼LINEの不正ログイン(乗っ取り)被害を受けた場合の対処法などはこちら

http://official-blog.line.me/ja/archives/1004331596.html

「PC版LINEのセキュリティ強化のため「認証番号」の入力が必要になりました」ですと。

PC版LINEのセキュリティ強化のため「認証番号」の入力が必要になりました

いつもLINEをご利用いただきありがとうございます。
 
最近増加しているLINEへの不正ログイン対策強化の1つとして、PC(パソコン)版LINEのセキュリティを強化しました。

ご利用中のパソコンでLINEにログインする際の初回ログイン時のみ、4桁の「認証番号」をスマートフォン版LINEに入力する手順が新たに加わりました。(最初に1度認証すれば、それ以降はこれまで通りメールアドレス・パスワードの入力のみでご利用いただけます)



認証番号の入力手順
1) PC版LINEを起動して、ログイン画面でメールアドレス・パスワードを入力し、[ログイン]をクリック
手順1

2) PC版LINEに4桁の認証番号が表示されます
手順2
 
3) スマートフォン版LINEを起動すると認証番号の入力画面が表示されるので、3分以内にPC版で表示された認証番号を入力
手順3

これにより、もし見知らぬ他人がAさんのアカウントでPC版LINEにログインしようとすると、Aさんの手元にあるスマートフォン版LINEに認証番号の入力画面が出るので、「誰かがPC版LINEから私のアカウントでログインしようとしているかも?」と気が付きます。また、ログインしようとした犯人は、認証番号を入力すべきスマートフォン端末が手元にないので、ログイン不可能になります。

LINEでは、皆様に安心してLINEをご利用いただけるよう、引き続きセキュリティの強化を続けてまいります。
【注意】 PC版LINEを利用するためには、スマートフォン版LINEの設定で「他端末ログイン」をONにする必要があります。なお、「他端末ログイン」設定をOFFにした場合、PC版LINEへのログインは不可能になりますが、他のスマートフォンからのLINEユーザーログインは可能です。不正ログインの被害を未然に防ぐためには、他社サービスとは違った独自のパスワードへの変更を必ず実施していただきますようお願いいたします。

Dropboxが2段階認証になりました

これで、Google、Dropbox, Evernoteを2段階認証にしました。
今回は、オンラインストレージサービスの代表格である「Dropbox」を使っている人向けに、2段階認証によるセキュリティ強化の方法をご説明します。
例によって、設定はデスクトップ版のWebから行う必要があります。
iPhoneアプリからは行えないのでご注意くださいね。
設定の「セキュリティ」タブを開くと、2段階認証の項目があるのでこれを有効にしましょう。
2段階認証とは「手元にある信頼できるデバイス」――すなわちあなたのiPhoneに確認用のコードを送り、通常のIDとパスワードに加えて確認コードを必要とすることで安全性を高めるものです。
Dropboxの2段階認証では、コードの受け取り方法にテキストメッセージとモバイルアプリの好きな方を選べます。
今回は、Google認証システムのモバイルアプリを使ってみましょう。
Google認証システムをまだ入手していない場合は、こちらからインストールしてください。
設定画面に2次元バーコードが表示されるので、下記のようにモバイルアプリ側でスキャンします。
スキャンに成功すると、自動的にDropboxの項目が追加されて、30秒ごとに確認コードが更新されます。
モバイルアプリに表示された確認コードを入力します。
これにより、あなたのiPhoneが「手元にある信頼できるデバイス」であることが確認されました。
緊急用のバックアップコードは、紙に書き留めるなどして厳重に保管しましょう。
2段階認証が有効になると、ログインするたびにセキュリティコードの入力が必要になります。
Dropboxの公式アプリの場合、一度ログインしてしまえば再ログインしない限りセキュリティコードは不要なので、使い勝手が悪くなることはありません。
Dropboxは、外出先のPCなどからもアクセスする機会の多いサービスだけに、2段階認証は必ず設定しておきましょう。
パスワード管理ツール「1Password」をDropboxで同期している人も必須ですよ☆

Evernoteの「2段階認証」設定方法

Evernoteに2段階認証が設定できるようになりました。

大切なアイデア・情報を保存する Evernote。それ故にセキュリティを確保することも重要で、特に不正ログインは阻止したいところです。
Evernote

不正にログインされると、Evernote に保存しているノートを見られてしまうだけでなく、全て削除されてしまう恐れもあります。
そこで設定しておきたいのが「2段階認証」です。手元に PC・iPhone・メモ帳があれば、すぐに設定して使い始めることができます。

目次


なぜ2段階認証を使うのか?

通常のログインには ID とパスワードが必要です。多くの場合、ID は登録に使ったメールアドレスが用いられます。
この場合、メールアドレスは入手されやすく、パスワードはある程度まで推測できます。そのため、第三者に不正ログインされる恐れが比較的高いと言えます。
そこで「2段階認証」の出番です。
通常の ID とパスワードを使った認証に加えて、その時々で生成されるワンタイムパスワードが必要になります。
ワンタイムパスワードは SMS や専用アプリで確認でき、有効期限を過ぎると無効になるので使い回しができません。
EvernoteGoogle Authenticator

これを突破することは不可能ではないものの、手間がかかるようになります。そのため、不正ログインされる恐れは低くなります

2段階認証を設定する

今回は PC のブラウザと iPhone、そしてメモ帳を使って設定を進めていきます。
PC のブラウザで Evernote の公式ページを開きます。右上の【サインイン】からログインしましょう。
Evernote

右上のメニューを開いて【アカウント設定】をクリック。
Evernote

左側に並ぶ【セキュリティ概要】をクリックし、「2段階認証」の【有効化】をクリックしましょう。
Evernote

手続きを進めて、確認メールを登録済みのメールアドレスに送信させます。
Evernote

届いた確認メールが Evernote からのものであることを確認し、その後で【メールアドレスを確認】をクリックします。
Evernote

SMS で確認コードを送るため、iPhone の電話番号を入力します。電話番号の先頭にある「0」は削ります。例えば「90-○○○○-○○○○」です。
Evernote

Evernoteすると Evernote から iPhone に SMS が届きます。

SMS で届いた確認コードを入力します。
Evernote

万が一の時に使う、バックアップ用の電話番号を登録できます。必要ない場合は【スキップ】で登録せずに作業を進められます。
Evernote

ここで Google の2段階認証アプリ「Google Authenticator」を iPhone にダウンロードしましょう。
アプリのダウンロードはこちらから→Google Authenticator
ダウンロードしたアプリを開きます。
Google Authenticator

左:【設定を開始】をタップして…
右:【バーコードをスキャン】を選びます。
Google AuthenticatorGoogle Authenticator

PC のブラウザでは【iOS で続行】をクリックします。
Evernote

次に表示される QR コードを iPhone のアプリで読み取ります。
Evernote

Google Authenticatorすると Google Authenticator にコードが表示されるようになります。

アプリで表示されているコードを入力し、きちんと登録できているかを確かめましょう。
Evernote

確認が終わると「バックアップコード」が表示されます。Google Authenticator などが使えなくなった時に備えたコードです。
印刷したり、メモ帳に書き写したりして、他人が見られない・持ち出せない場所に保管しましょう。普段はアプリでコードを生成・確認できるので必要ありません。
Evernote

書き写したバックアップコードのうち、1つをテストします。問題なくテストが終われば、設定は完了です。
Evernote

Evernoteにログインしてみる

Evernote からログアウトして、再びログインしてみましょう。このようにコード入力画面が表示されれば、2段階認証は正しく設定できています。
Evernote

EvernotePC 版・iOS 版 Evernote からログインする際にも、同様にコードが要求されます。

大切に扱いたい「バックアップコード」

バックアップコードは iPhone を忘れた・iPhone が故障した時など、2段階認証に必要なコードが入手できなくなった時に使います。
普段は Google Authenticator でコードを確認するので、バックアップコードを使うことはありません。
万が一の時にこのコードがないと、Evernote に保管してあるデータにはアクセスできなくなります。大切に保管しましょう。
加えて、2段階認証をパスできるコードなので、悪用される恐れもあります。バックアップコードは他人が見られない・持ち出せない場所に保管する必要があります。

Evernoteの2段階認証をオフにする

PC のブラウザで Evernote にログインします。アカウント設定を開き、セキュリティで【設定を管理】をクリック。
Evernote

あとは【2段階認証の無効化】をクリックするだけです。
Evernote

油断禁物!パスワードの管理は厳重に!

2段階認証を設定したからといって、パスワードの管理をおろそかにしても良い訳ではありません。
これまでと同様にパスワードは推測されにくく、英数字・記号を含めた長いものに設定することをお勧めします。パスワードの使い回しは厳禁です。
「他人に教えない」「他人と共有しない」ことも重要です。

iPhoneとMacを連動させるアプリあれこれ

iPhoneとMacを連動させるアプリあれこれ

リンゴマークをあわせて、合体!
iPhoneとMacはアップル製品同士で相性バッチリ。元々MacユーザーでiPhoneも使い始めた人、iPhoneを使ってからMacを始めた人と、様々なパターンあれど「iPhoneとMacを両方使っているユーザー」は多いことでしょう。
標準の状態でも便利ですが、せっかく両方使っているのなら連動させて互いの機能をアップさせてみたいもの。そこで今回は『iPhoneとMacをとことん連動させるアプリ』特集をお届けします。
いずれのアプリもワイヤレス接続でスマートに使えるのが特徴的。便利さアップに加え「えっ、そんなことまでできちゃうの?」と友達を驚かせたい人も必読です。

MacからiPhoneの電池残量を確認する


iBetterCharge(アイベターチャージ)


メニューバーでiPhoneのバッテリー残量をチェックできるMac用アプリケーション。一度設定すれば自動的にワイヤレスで繋がり、電池残量が減るとMacの画面上にプッシュ通知も出してくれます。


無料で導入できる手軽さと、普段は使っていることを意識させないさりげなさが魅力です。

iPhoneでMacのロックを解除する


Knock(ノック)


iPhoneとMac双方にインストールするアプリで、MacのパスワードロックをiPhoneで解除できるようにするというもの。その名の通り「iPhoneをコンコンとノック」するとロック解除される、とっても遊び心のあるアプリです。

iPhoneをMacのキーボード、トラックパッド化


BTT Remote(BTTリモート)


Mac用アプリケーション『BTT(BetterTouchTool)』とiPhoneアプリ『BTTリモート』の組み合わせで、なんとiPhoneのタッチ画面からMacを操作できてしまいます。対応する操作はトラックパッドとキーボード。さらにMacの画面輝度やスピーカー音量、メディアの再生・停止までコントロール可能なスグレモノ。BTTは無料でiPhone側のBTTリモートが200円となっています。

iPhoneとつないでMacを電話に変身させる


Dialogue(ダイアローグ)


最後はコチラ。iPhoneにかかってきた電話にMacで応答したり、逆にMacからiPhoneの回線経由で電話をかけられるようになるMacアプリケーションです。


MacがiPhoneの子機になるイメージですね。700円という価格に見合った実用性かは疑問符がついてしまうのですが、「あえてMacで通話」という面白体験ができます。

パソコンとスマホ。似てるようで違う2つの機械ですが、連動させることで便利さや楽しさがアップするものですね。今後もいろいろと試してご紹介していきたいところです。

(ワタナベダイスケ)

iPhoneで撮影した写真の位置情報を個別に削除する方法

iPhoneで撮影した写真には、GPS情報が付加されます。SNSなどに投稿するときはこの位置情報を公開するかどうかの判断が必要です。自宅で撮影した場合は、位置情報を削除して公開することをお勧めします。
 iPhoneで撮影した写真にGPS情報は一切不要という場合は、「設定」アプリの「プライバシー」にある「位置情報サービス」で「カメラ」の項目をオフにしておけば、撮影時から位置情報を削除できます。
以下詳細

こんにちは IT@好澤です 経営とITをブリッジする技術者でありたいと願っています。