ブルースクリーンが2014年8月のWindows Updateで発生・起動不能の可能性、マイクロソフトがアンインストールを推奨

ブルースクリーンが2014年8
月のWindows Updateで発生・起動不能の可能性、マイクロソフトがアンインストールを推奨

引用先 http://gigazine.net/news/20140818-ms14-045-blue-screen-of-death/

ブルースクリーンが2014年8月のWindows Updateで発生・起動不能の可能性、マイクロソフトがアンインストールを推奨


By Justin

マイクロソフトは8月13日(水)に公開したWindows Updateの最新版MS14-045のアンインストールをユーザーに対して推奨することを発表しました。このパッチをインストールすると、青い画面にエラーメッセージが表示される通称「ブルースクリーン(Blue Screen of Death)」が発生してPCが起動できなくなる可能性があります。

【リリース後に確認された問題】2014 年 8 月 13 日公開の更新プログラムの適用により問題が発生する場合がある – 日本のセキュリティチーム – Site Home – TechNet Blogs
http://blogs.technet.com/b/jpsecurity/archive/2014/08/16/2982791-knownissue3.aspx

After Blue Screen of Death reports, Microsoft says to uninstall recent patch | Ars Technica
http://arstechnica.com/information-technology/2014/08/after-blue-screen-of-death-reports-microsoft-says-to-uninstall-recent-patch/

明らかになっている障害は以下のとおりです。

以下のいずれかの更新プログラムをインストールした後、Stop 0x50 エラーが発生しコンピューターが異常終了する場合があります。また、このエラーは、再起動後にも発生し起動に失敗する場合があります。

2982791 [MS14-045] カーネル モード ドライバーのセキュリティ更新プログラムについて (2014 年 8 月 12 日)
2970228 Update to support the new currency symbol for the Russian ruble in Windows
2975719 August 2014 update rollup for Windows RT 8.1, Windows 8.1, and Windows Server 2012 R2
2975331 August 2014 update rollup for Windows RT, Windows 8, and Windows Server 2012

該当する更新プログラムがインストールされているかどうかは、以下の手順で確認することができます。

Windows 7の場合は、画面左下の「スタート」から「コントロールパネル」→「Windows Update」をクリック。

左下の「インストールされた更新プログラム」をクリック。

インストール済みの更新プログラムが一覧表示されるので、「Microsoft Windows」の部分を見れば確認が可能です。

アンインストールするには削除したいWindowsUpdateの名前の上で右クリックし、「アンインストール」を選べばOKです。

なお、もし既にインストールしてしまっている場合で起動不能になった場合の詳細な復旧手順はマイクロソフトの公式セキュリティブログで公開されているので、該当する場合はできるだけ早く対応することが必要です。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中