杜氏のいない「獺祭」、非常識経営の秘密 データ分析による集団体制で日本酒を造る

杜氏のいない「獺祭」、非常識経営の秘密

データ分析による集団体制で日本酒を造る


 データ分析は「儲かる」のかーー?
 これだけデータが注目される今日において、この問いに「No」と答えるわけにはいかない。しかし、必ずしも「Yes」と答えられるわけでもなく、「やり方次第でYesにもNoにもなる」としか答えようがないことがほとんどではないだろうか。
 では、データはどのように活用すれば「儲かる」、つまりはビジネスとして成果を生み出すのか?クラウド型の統計分析ツールxica adelieを提供する株式会社サイカが、さまざまなビジネスの現場でデータを活用するプロフェッショナルへのインタビューを通じて、その「可能性」や「限界」はどこにあるのかを探って行く。
 今回は、「杜氏がいない」「徹底したデータ管理」「年間を通じた酒造り」という体制で、銘酒「獺祭」を造っている山口県岩国市の旭酒造を率いる桜井博史社長にお話を伺う。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中