Dropboxが2段階認証になりました

これで、Google、Dropbox, Evernoteを2段階認証にしました。
今回は、オンラインストレージサービスの代表格である「Dropbox」を使っている人向けに、2段階認証によるセキュリティ強化の方法をご説明します。
例によって、設定はデスクトップ版のWebから行う必要があります。
iPhoneアプリからは行えないのでご注意くださいね。
設定の「セキュリティ」タブを開くと、2段階認証の項目があるのでこれを有効にしましょう。
2段階認証とは「手元にある信頼できるデバイス」――すなわちあなたのiPhoneに確認用のコードを送り、通常のIDとパスワードに加えて確認コードを必要とすることで安全性を高めるものです。
Dropboxの2段階認証では、コードの受け取り方法にテキストメッセージとモバイルアプリの好きな方を選べます。
今回は、Google認証システムのモバイルアプリを使ってみましょう。
Google認証システムをまだ入手していない場合は、こちらからインストールしてください。
設定画面に2次元バーコードが表示されるので、下記のようにモバイルアプリ側でスキャンします。
スキャンに成功すると、自動的にDropboxの項目が追加されて、30秒ごとに確認コードが更新されます。
モバイルアプリに表示された確認コードを入力します。
これにより、あなたのiPhoneが「手元にある信頼できるデバイス」であることが確認されました。
緊急用のバックアップコードは、紙に書き留めるなどして厳重に保管しましょう。
2段階認証が有効になると、ログインするたびにセキュリティコードの入力が必要になります。
Dropboxの公式アプリの場合、一度ログインしてしまえば再ログインしない限りセキュリティコードは不要なので、使い勝手が悪くなることはありません。
Dropboxは、外出先のPCなどからもアクセスする機会の多いサービスだけに、2段階認証は必ず設定しておきましょう。
パスワード管理ツール「1Password」をDropboxで同期している人も必須ですよ☆

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中