自己実現理論

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

自己実現理論(じこじつげんりろん)とは、アメリカ合衆国の心理学者・アブラハム・マズローが、「人間は自己実現に向かって絶えず成長する生きものである」と仮定し、人間の欲求を5段階の階層で理論化したものである。又、これは、「マズローの欲求段階説」とも称される。

概論


マズローは、人間の基本的欲求を低次から

1. 生理的欲求
生命維持のための食欲・性欲・睡眠欲等の本能的・根源的な欲求
2. 安全の欲求
衣類・住居など、安定・安全な状態を得ようとする欲求
3. 親和(所属愛)の欲求
他人と関わりたい、他者と同じようにしたいなどの集団帰属の欲求
4. 自我(自尊)の欲求
自分が集団から価値ある存在と認められ、尊敬されることを求める認知欲求
5. 自己実現の欲求
自分の能力・可能性を発揮し、創作的活動や自己の成長を図りたいと思う欲求
の5段階に分類した。
このことから「階層説」とも呼ばれる。また、「生理的欲求」から「自我(自尊)の欲求」までの4階層に動機付けられた欲求を「欠乏欲求」とし、「自己実現の欲求」に動機付けられた欲求を「成長欲求」としている。
人 間は満たされない欲求があると、それを充足しようと行動(欲求満足化行動)するとした。その上で、欲求には優先度があり、低次の欲求が充足されると、より 高次の欲求へと段階的に移行するものとした。また、最高次の自己実現欲求のみ、一度充足したとしてもより強く充足させようと志向し、行動するとした。
マズローは、自己実現した人の特徴として、客観的で正確な判断、自己受容と他者受容、自然な態度、自発性、自律、心理的自由などを挙げている。
そして、優秀な人ほど,この欲求の段階を駆け上がるのは早いが,自己実現を果たし自己超越の域に達する人はきわめて少ないこと,数多くの人が階段を踏み外 し,これまで,その人にとって当たり前だと思っていたことが当たり前でなくなるような状況に陥ってしまうとも述べています。

私たちは社会人として生きています。言い換えれば会社に所属する事により、最初の3段階には達しているわけです。もし会社が成果主義を採用していたらそこは競争の場所になり第2段階の安全の欲求さ え脅かされる事になるでしょう。会社を辞めなければならないと言う恐怖がつきまといながら仕事しなければなりません。こんな状況で、先輩は後輩に仕事の上 で重要な技術を後輩に教えるでしょうか? 教えてしまうと後輩に抜かされてしまう危険性が出てきます。上司は優れた部下に権限を与えるでしょうか?優秀な 部下は自分を超えていきますよね。この様な事で会社と言う組織の中で安全の欲求親和の欲求が満たされるでしょうか。満たされませんよね。
日本の多くの会社が米国型経営スタイルである成果主義を導入し大失敗し、日本企業の優位性が著しく低下しました。一方、米国は何故日本の企業が米国を凌駕 するほどの力をつけてきたかの理由を本気で調べ上げました。そして行き着いたのは終身雇用制と年功序列システムだったと言います。
米国は思ったのかも知れません、日本に成果主義を採用させるように仕向けて、われわれは終身雇用制と年功序列システムを採用しようと。そしたら立場を逆転できると。大いなる米国の陰謀に我々は乗ってしまったのかもしれません。
日本的な終身雇用制、年功序列のシステムは成果主義システムに比べ安全の欲求親和の欲求を満たしやすいと言えます。終身雇用制は安全の欲求を満たしますし、年功序列は先に生まれた事が逆転する事が出来ないアドバンテージになってます。後輩、部下に追い越される心配はない訳です。
親和の欲求を満足させるのは競争より協調が大事になりますよね。協調が優先される会社では先輩は後輩に技術の伝承をし、後輩から慕われます。上司は部下に権限を与え、与えられた部下は自分が認知されていると感じ一層仕事に励むだろうし、そのような権限を与えてくれた上司を感謝し尊敬します。自我の欲求が満たされますよね。そうすると自己実現の欲求を満たそうとします。会社の中での自己実現の欲求を満足させる事はすなわち会社の発展に繋がっていきます。
話が長くなりましたが、多くの「君はそこに存在しているんだよと言う事を改めて認める行為」が自我の欲求を満たす事に繋がり、上位欲求へと繋がっていきます。

広告