Outlook Express のメールパスワードが保存されません

Windows 2000/XP で、標準添付の Outlook Express や Outlook で、メールサーバーパスワードを設定して「パスワードを保存する」にチェックをしているにもかかわらず、パスワードが保存されず、毎回入力しなければいけないことがあります。
これはユーザープロファイルレジストリに問題があるためなので、次の手順で問題のキーを削除してください。(Q264672)

すべてのアプリケーションを終了させます。
[スタート]-[ファイル名を指定して実行] から regedt32 を起動します。
HKEY_CURRENT_USER \Software \Microsoft \Protected Storage System Provider を開きます。
メニューバーの [セキュリティ]-[アクセス許可] をクリックします。
XP では Protected Storage System Provider キー (フォルダのアイコン) を右クリックして [アクセス許可] をクリックします。
ACL から現在ログオンしているユーザーをクリックし、読み取りとフルコントロールに「許可」のチェックがあることを確認します。
「詳細」ボタンをクリックし、以下のようになっていることを確認します。 種類 名前 アクセス許可 適用
許可 フルコントロール このキーとサブキー

「すべての子オブジェクトのアクセス許可を元に戻し…」にチェックして「適用」ボタンをクリックします。
確認ダイアログに「はい」をクリックします。
「OK」「OK」をクリックします。
Protected Storage System Provider キーをダブルクリックし、ユーザーサブキーをクリックします。
ユーザーサブキーはこんな (S-1-5-21 …) 形式です。
ユーザーサブキーを削除します。
Windows を再起動します。
セットアップ直後、Administrator でログオンすると、この問題が発生することがあります。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中