添付ファイルのセキュリティ動作をカスタマイズする方法 outlook

添付ファイルのセキュリティ動作をカスタマイズする方法 outlook

以下のいずれかの状況で Outlook を使用している場合、Outlook 2002 の添付ファイルのセキュリティ動作を変更できます。
Exchange Server 環境外で Outlook を実行している場合。
Exchange Server 環境で、管理者が Outlook セキュリティ設定で添付ファイルのセキュリティ動作の変更を許可している場合。
上記の状況では、レジストリに変更を加えて添付ファイルのセキュリティ動作を変更することができます。レジストリを変更するには、以下の手順を実行します。

警告 : レジストリ エディタの使い方を誤ると、深刻な問題が発生することがあります。最悪の場合、オペレーティング システムの再インストールが必要になることがあります。マイクロソフトは、レジストリ エディタの誤用により発生した問題に関しては、一切責任を負わないものとします。レジストリ エディタは、自己の責任においてご使用ください。

レジストリの編集方法の詳細については、Regedit.exe のヘルプの「キーと値の変更」または「キーと値を変更する」を参照してください。または Regedt32.exe のヘルプの「レジストリ情報の追加と削除」または「レジストリの情報を追加または削除する」、および「レジストリ情報の編集」または「レジストリ情報を編集する」を参照してください。レジストリの編集を行う前に、必ずレジストリのバックアップをとってください。Windows NT または Windows 2000 を実行している場合、システム修復ディスク (ERD) も更新する必要があります。

Outlook 2002 を実行している場合は、終了します。
[スタート] ボタンをクリックして、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。
[名前] ボックスで regedit と入力し、[OK] をクリックします。
次のレジストリ キーに移動します。
HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\10.0\Outlook\Security

[編集] メニューの [新規] をポイントして、[文字列] をクリックします。
新しい値の名前として次のテキストを入力します。

Level1Remove
Enter キーを押します。
新しい文字列値の名前を右クリックして、[変更] をクリックします。
Outlook 2002 でアクセスする種類のファイル拡張子を次のように入力します。

.exe

複数のファイルの種類を指定するには、次のような形式を使用します。

.exe;.com
終了したら、[OK] をクリックします。
レジストリ エディタ プログラムを終了します。
Outlook 2002 を起動すると、Windows のレジストリで指定した種類のファイルにアクセスできるようになります。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中